Consulting from Concept to Commissioning

プレーリービュー廃棄物埋立地およびリサイクル施設 | イリノイ州ウィル郡

 

イリノイ州ウィル郡にあるプレーリービュー廃棄物埋立地は、2004 年に郡のゴミの受け入れを開始し、6 年後の 2010 年に、ガス発電所の建設に着工しました。2012 年には、この埋立地から発生したメタンガスの大部分が、2,000~3,800 世帯のエネルギー需要を供給するための電力を生産するようになりました。2019 年、郡は埋立地ガスをパイプライン品質の天然ガスに改質して、天然ガスパイプラインに注入するプロジェクトに乗り出しました。

構想から始動まで RNG プロジェクトを成功させるためには、クリーン燃料規制、燃料市場、炭素市場に関する深い知識が必要になります。郡は EcoEngineers を採用して、既存施設の拡大、ガスからパイプライン品質の RNG への改質について、全体的な実行可能性を評価しました。EcoEngineers が推奨した内容に基づき、郡は埋立地に RNG 改質施設を建設することを決定しました。この埋立地ガスプロジェクトの回収期間は 3 年未満で、現在は設計段階にあり、2020 年に建設を開始し、2021 年末または 2022 年始めに本格稼働する予定です。

実績

  • 資本支出、運営費、予想収益をはじめとするプロジェクト全体の実行可能性
  • リスク緩和分析
  • 候補となる改質技術、ベンダーの分析
  • 設計および建設のパートナー選定の支援
  • パイプライン相互接続に関するコンサルティング
  • RNG オフテイク、市場分析、プレースメント
  • 郡職員、幹部および取締役会との全体的なプロジェクト調整

成果

  • 現在このサイトでは一日平均 3,000 トンのゴミを受け入れており、約 4,000 scfm の埋立地ガスを生成しており、そのほとんどが燃焼されています。
  • この埋立地ガスプロジェクトの回収期間は 3 年未満で、現在は設計段階にあり、2020 年に建設を開始し、2021 年末または 2022 年始めに本格稼働する予定です。

実施サービス

印刷